MENU
今どき「家事代行」の仕事BOOK » 家事を仕事にするなら!ベーシック版Q&A

家事を仕事にするなら!ベーシック版Q&A

主婦の社会復帰やダブルワークとしても注目を集めている「家事代行」。ここでは、そんな家事代行のお仕事内容や、気になる報酬・雇用形態・向いている人など、家事代行にまつわるQ&Aをまとめてみました。

家事代行とはどんな仕事?

家事代行サービスのイメージ

「家事代行サービス」とは、依頼主の自宅にスタッフが直接訪れて、依頼主に依頼された家事を代行するサービスのことです。ただし「家事」と言っても依頼主によって内容は様々。実際にどんな業務を請け負う仕事なのか、具体例やメリットをご紹介します。

家事代行のお仕事内容

家事代行のお仕事内容は、依頼主が自分で行う時間がない、もしくはできない家事が全般となります。具体的には以下のような家事が挙げられます。

掃除・炊事・洗濯…家事代行サービスが請け負う仕事内容は多岐にわたります。ただ掃除や洗濯と言っても、依頼主の家族構成や希望によってはスタッフのたち振る舞いに臨機応変さが求められるでしょう。ただしレンジフードの掃除やエアコン掃除などの専門的な知識が必要になる分野については、「ハウスクリーニング」など専門業者の仕事内容になるため、家事代行が請け負うことはありません。

どの家事を任されるかは依頼主によって様々ですが、中でも掃除・片付け系の家事が依頼されるケースが多い傾向にあります。お風呂掃除やトイレ掃除などの水回り掃除が依頼されることは多く、掃除代行の場合には依頼主の家に用意された用具を使用することが一般的。

また、料理代行についても「今日の夕飯」と依頼される場合や「3日分の作り置き」と依頼される場合など、多岐にわたります。場合によっては食材の買い出しから代行する場合も。

もちろんスタッフによっては得手不得手がありますから、「料理だけ」「掃除だけ」のように、スタッフごとに家事を分担して請け負う働き方もあります。

自分が得意とする分野の家事や、いつも何気なくやっている慣れた家事がスキルとなって業務に活かせるのが、家事代行業のメリットです。また、依頼主が自ら代行を依頼するため、「人の役に立っている」という実感が得られやすいのも特有の魅力です。

家事代行のお給料は?

家事代行サービスのお給料は地域・内容によってそれぞれ異なります。平均的な時給は、東京で1,159円・神奈川で1,262円程度。地域によっては1,000円以下のケースもあります。ただしそのほとんどが900円以上と設定されており、ニーズが高く時給も高めの業種と言えるのが現状です。

雇用形態にもよりますが、アルバイトやパートタイムで家事代行サービスを行っている場合には、指名の多さや家事代行に有利な資格の有無などにより、時給アップにも繋がります。

正社員スタッフとして働く場合も同様に、指名の多さや仕事の質などによって基本給がアップする場合もあります。

家事代行の時給って高い?安い?

一般的なパートやアルバイトに比べると、時給が高いとされている家事代行の仕事。ここでは地域ごとに異なる時給の相場や他業種との比較、実際に働いている人が時給に満足しているかどうかといった情報をまとめています。

家事代行の雇用形態

家事代行サービスの雇用形態は様々ですが、多いのはアルバイトや正社員による「雇用派遣型」です。家事代行サービスを手掛ける企業にスタッフが直接雇用され、企業に寄せられた依頼をスタッフが遂行するというタイプの働き方です。会社によっては事前に研修でスタッフのスキルをサポートする場合もあります。トラブルが起きた際にはスタッフではなく、会社が依頼主に対応するのが特徴。

他にも家事代行サービスはAIによるマッチング形式で行われることもあり、「クラウドソーシング型」として依頼者とスタッフがマッチングで結ばれます。クラウドソーシングを運用するサービス・企業によっては、依頼主によるスタッフの評価がインターネット上で公開されることもあります。

また「マッチングサービス」も家事代行サービスの形態の一つ。こちらは依頼者と家事代行のスタッフを結びつける会社が存在しますが、スタッフは会社に雇用されるものではありません。研修や福利厚生もないため、家事代行サービスとして自立することになります。代行スタッフはフリーランスで活動しており、マッチングサービスを通して家事代行の依頼を請け負います。会社に縛られず、依頼者との相性が良ければ毎回指名されることも。

家事代行のお仕事をはじめるまでの流れ

家事代行の仕事は、一定の家事スキルがあれば誰にもでも行える仕事です。企業に雇用されたりクラウドソーシングやマッチングサービスに登録したりすることで、未経験からでも気軽に始められます。

未経験でも働けますが、未経験から家事代行を行うのが不安な人は、企業の研修制度を利用するのがおすすめ。

家事代行になるための研修とは

家事代行サービスを行っている企業の中には、雇用したスタッフの家事スキルを研修で補うところもあります。研修では実際にスタッフに対して、料理や掃除などの家事スキルを身につけるサポートをしてくれます。

…など、企業によっては研修の内容も様々です。研修を行うことはスタッフの自信や仕事のクオリティにも繋がるため、企業側にとってもプラスになることが多く、積極的に研修を取り入れる代行業者は少なくありません。未経験から家事代行スタッフとして働くのが苦手な人や、スキルアップして代行を請け負える家事を増やしたい人は、ぜひ研修の行われている企業を選びましょう。

どんな人がサービスを利用するの?

家事代行利用者のイメージ

実際に家事代行サービスを利用している人は多種多様ですが、

以上のような世帯は特に多く家事代行を利用する傾向があります。例えば共働きで子どもがいる家庭では、家の中を清潔に維持したり、栄養バランスに気を使った食事を用意したりすることが難しいため、家事代行サービスへのニーズが高まります。

他にも自分で家事を行うことが困難な高齢世帯や、家事に割く時間が得られない独身者世帯なども同様に、家事代行サービスを利用することが多いようです。

また、世帯年収が多い家庭でも家事代行サービスを利用することが多い傾向にあります。家事に割いている時間をお金で買う、という意識を持つ人も一定数いるようです。

逆に家事代行サービスに抵抗があるのは、サービスの利用料金に抵抗を持つ家庭や、知らない人を家に入れることに不安を覚える人、サービスの質に懐疑的な人などです。

【結論】家事代行に向いている人とは?

家事代行サービスは、家事スキルがあれば誰にでも活躍の可能性がある仕事です。ただしスキルが高いだけではなく、特に家事代行サービスに向いているのは以下のような人物。

いくらやり慣れた家事だからと言っても、家事が嫌いな人は家事代行サービスの仕事内容にストレスを感じてしまいます。家事代行は依頼主が大切な家庭の空間を預けてくれるサービスですから、誠実で信頼に足りえる人物でないと依頼が減るかもしれません。

またコミュニケーションを厭わず気配りができる、人間的な魅力も家事代行には重要な要素です。依頼主の希望をそれとなく汲み取って遂行してくれるスタッフは、人気が出て指名も増えるでしょう。家族構成を意識した料理や、使い勝手を考えた片付け配置など…先回りできる気配りも家事代行サービスに欠かせません。

他の職種では短所に感じるような特徴も、家事代行サービスでは魅力になることがあります。

その他の家事代行Q&A

家事代行は楽しい?やりがいは?

せっかく仕事をするのなら、楽しく働けてやりがいのある仕事をしたいもの。ここでは「短時間で働ける」「持ち前の家事スキルを活かせる」といった家事代行の魅力をまとめました。その他にもたくさんの魅力・やりがいがあるので、ぜひチェックしてみてください。

家事代行は働きやすい?

家事代行スタッフは資格なしで始めることができ、働く時間やエリアについても自分で自由に決められることが多くなっています。その他にも、家事代行が働きやすいとされる理由をまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

家事代行の福利厚生について知りたい

福利厚生とは、企業側が従業員に対して提供する給与以外のサービス・手当のこと。保険や交通費の支給などがこれに該当しますが、家事代行スタッフの福利厚生はどうなっているのでしょうか?情報をまとめてみました。

家事代行は未経験でもできる?

家事代行スタッフとして働くにあたり、経験はとくに必要ありません。しかし、未経験だと「どんな家を担当するの?」「トラブルが起きたときは?」といった疑問が多くなりがち。ここでは、そんな未経験者が気になる疑問についてお答えしています。

家事代行ってきつくない?

掃除や料理といった肉体労働がメインとなる家事代行の仕事ですが、身体的・メンタル的にきつくはないのでしょうか?実際に働いている方からのアンケートやインタビューをもとに、情報をまとめてみました。

家事代行を辞めたいと思うときってどんなとき?

どんな仕事も楽しいことばかりではありませんが、家事代行スタッフを辞めたい…と思う場面とはどのようなシーンなのでしょうか。アンケートやインタビューの情報をもとに、その心情を考察してみました。

家事代行で有利な資格ってある?

家事代行スタッフに資格は必要ありませんが、あると役に立つ資格もあります。ここでは、整理収納アドバイザー・ハウスクリーニングアドバイザー・クリーニングインストラクターの3つの資格についてご紹介しています。

家事代行経験者の口コミが知りたい

家事代行の仕事を知るには、やはり実際に働いている人からの声が参考になります。ここでは家事代行として働いたことのある経験者からの、リアルな口コミをご紹介しています。

家事代行でありがちなトラブルって?

家事代行サービスの仕事をする上では、どのようなトラブルが起こる可能性があるのでしょうか。あらかじめ考えられるトラブルを知っておくことで、未然に防げるかもしれません。ここでは、起こりえるトラブルを5つピックアップして紹介しています。

家事代行とハウスクリーニングの違いって?

サービス提供の目的や使用する道具、料金体系、利用頻度など、家事代行サービスとハウスクリーニングには大きな違いがあります。そこでこの記事では、2つのサービスの違いについて説明しています。

家事代行の利用シーンは?

家事代行の利用シーンは、大掃除や急な来客時、ホームパーティー時や旅行からの帰宅時など多岐にわたります。中には高齢の両親にギフトとしてプレゼントするケースもあるようです。ここでは、家事代行の利用シーン別に利用者の心理を紹介。期待に応えられるサービスを提供するための参考にしてください。

Kajier
家事代行業者「カジェール」について
カジェール採用サイトキャプチャ

引用元:カジェール公式HP
https://www.kajier.jp/recruit/

家事スキルを活かして
「ハウスコンシェルジュ」として働く

カジェール(KAJIER)は、東京・大阪・名古屋などを中心にお客様に寄り添った質の高い家事代行サービスを提供している会社。家事スキルを活かした質の高いサービスで社会のために貢献する「ハウスコンシェルジュ」という確固たる信念をもとに、お客様とwin-winの関係性を構築しながら仕事が可能。充実した研修・トレーニングを実施しているので、自己成長したい人や向上心の高い人はもちろん、未経験やブランクがある人でも安心して働ける環境が整っています。