MENU
今どき「家事代行」の仕事BOOK » 家事を仕事にするなら!ベーシック版Q&A » 家事代行スタッフの雇用形態は?

家事代行スタッフの雇用形態は?

家事代行スタッフとして働きたいと考えた時、どのような働き方があるか気になるのではないでしょうか。そこで、仕事にチャレンジする前に知っておきたいのが、「家事代行のサービス形態にはどのようなものがあるのか」という点です。

サービス形態によっては、働ける時間が限られている人であっても十分に活躍できますし、家事代行サービスを行う上で全く経験がないという人も、一人前のスタッフとして働くチャンスがあるといえます。

このページでは、家事代行のサービス形態について詳しく紹介していますので、自分のニーズにあった働き方はどれか考えながら読み進めてみてはいかがでしょうか。

家事代行のサービス形態について

家事代行のサービス形態は、大きく分けて3つの種類があります。

雇用派遣型

「雇用派遣型」は、家事代行を手掛ける会社が、スタッフを自社で直接雇用します。雇用の形は正社員・パートと会社によりそれぞれですが、いずれにしても研修を経て顧客の元に派遣されます。

スタッフは「会社の顔」ともいえる存在であるため、各社研修にはかなり力を入れている点が特徴。これまで経験がない場合でも家事代行サービスに必要なスキルをしっかりと身につけられます。定期的に勉強会や研修などを行っている会社も多いため、逐一自分のスキルを見直すこともできるでしょう。

また、万が一顧客との間でトラブルが発生した場合には、スタッフが対応するのではなく会社が迅速に対応します。

クラウドソーシング型

「クラウドソーシング型」は、依頼者とスタッフのマッチングを、人ではなくAIが全て行うのが特徴のサービスです。従来、人が行っていた作業をAIが行うことでコストの削減を図っているものの、スタッフの研修はしっかりと実施されるため、安心して仕事に臨めるでしょう。

どのような研修を行っているのかは会社によって異なりますので、家事代行サービスの仕事を始める前に、研修の内容を確認しておくことがおすすめです。

また、会社によっては依頼者がスタッフの評価をインターネット上で行える仕組みを採用しているところも。スタッフの評価を自分で閲覧できる場合には、モチベーションの維持につながるはずです。

マッチングサービス

「マッチングサービス」では、依頼者と家事代行のスタッフを結びつける場を提供しています。そのため、マッチングサービスを手がけている会社と家事代行スタッフは雇用の関係にありません。フリーランスで家事代行の仕事を行っており、依頼を受けるためにマッチングサービスを利用している、という人もいます。

特に会社などで研修を行うことはないため、自分でスキルを磨く必要があります。この形の場合、もともと整理収納アドバイザーの資格を持っていたり、元料理人であるなど自分が持っているスキルを生かしたいと、家事代行の世界に飛び込むケースも見られます。この形態の場合には、会社に縛られないことから時給も自分で決定することができる点はメリットといえるでしょう。

また、1度対応したお客様が気に入って、毎回指名してもらえる可能性があるのもマッチングサービスの特徴のひとつといえます。

まとめ

家事代行サービスにおける形態について説明してきました。現在、業界ではパートアルバイトとしてスタッフ雇用の契約を結ぶのが主流となっていますが、中には正社員や契約社員での雇用を行っている会社もあります。さらに、サービス形態にもさまざまなパターンがあるため、自分が理想とする働き方に合った職場を選ぶことが可能です。

このように、自分の都合に合わせて働ける、自由度の高さも家事代行スタッフとして仕事を行う上での魅力といえるでしょう。

Kajier
家事代行業者「カジェール」について
カジェール採用サイトキャプチャ

引用元:カジェール公式HP
https://www.kajier.jp/recruit/

家事スキルを活かして
「ハウスコンシェルジュ」として働く

カジェール(KAJIER)は、東京・大阪・名古屋などを中心にお客様に寄り添った質の高い家事代行サービスを提供している会社。家事スキルを活かした質の高いサービスで社会のために貢献する「ハウスコンシェルジュ」という確固たる信念をもとに、お客様とwin-winの関係性を構築しながら仕事が可能。充実した研修・トレーニングを実施しているので、自己成長したい人や向上心の高い人はもちろん、未経験やブランクがある人でも安心して働ける環境が整っています。