MENU
今どき「家事代行」の仕事BOOK » 家事を仕事にするなら!ベーシック版Q&A » 家事代行とペットシッターの違いって?

家事代行とペットシッターの違いって?

家事代行とペットシッターの違いや、ペットシッターの仕事の内容についてまとめています。

ペットシッターとはどんな仕事?

ペットシッターとは、ペットの飼い主が用事や旅行などで家を留守にする際、飼い主に代わってペットの世話を代行する仕事のこと。子どもの世話を代行する仕事が「ベビーシッター」と呼ばれるように、ペットの世話をする仕事が「ペットシッター」と呼ばれています。

対応するペットの種類は、ポピュラーな犬・猫といったペットのほかに、うさぎや熱帯魚、爬虫類などさまざまです。動物のしつけ方や遊び方、えさのやり方や健康管理などについて、専門的な知識と経験、技術を身に着けた人がペットシッターの仕事を任されます。

個人や会社によって異なるものの、簡単なトリミングや体調不良の看病をするのもペットシッターの仕事です。ペットホテルやペットサロンに連れて行くという手もありますが、ペットシッターはペットが慣れ親しんだ家で過ごすことを目的として需要されています。

ペットシッターと家事代行の違い

飼い主が不在の間にペットの世話を代行するだけなら、家事代行業者でも対応可能です。家事代行の中には「ペットのお世話代行」のようなプランもあり、ペットシッターの代わりとしてペットの面倒を見ることもできます。

ただし、家事代行業者が行うペットの世話には限度があるもの。ペットシッターのようにペット専門の知識や技術を培ってきたスタッフが対応するわけではありません。家事代行業者が行うのは散歩や餌やり・水やり、ケージの掃除、一緒に遊ぶといった、動物の専門知識がなくてもできる内容です。

ペットシッターのようにしつけやトリミング・グルーミングなどの、専門知識が必要な対応は家事代行サービスでは不可能です。また、カンタンに思える対応であっても、ペットの種類によっては家事代行業者にできないケースもあります。ペットの世話を依頼するのが目的なら、家事代行では手に負えない範囲もあるのを知っておきましょう。

まとめ

家事代行業者には専門性の高いペットシッティングはできません。しかし、専門知識が不要なお世話なら、家事と合わせて頼めるのが家事代行業者のメリットです。最近では一人暮らし・子育て世帯にかかわらずペット家庭が増加の傾向を見せています。需要に合わせて、ペットの世話にも対応できる家事代行業者は増加中です。

家事代行業者で働くことを考えている人は、ペットとのスキンシップなどにも対応できる人材だと、家事代行スタッフとしての活躍の場も広がるでしょう。動物とのふれあい経験は、家事代行をする人にとって、充分なアピールポイントと言えます。

Kajier
家事代行業者「カジェール」について
カジェール採用サイトキャプチャ

引用元:カジェール公式HP
https://www.kajier.jp/recruit/

家事スキルを活かして
「ハウスコンシェルジュ」として働く

カジェール(KAJIER)は、東京・大阪・名古屋などを中心にお客様に寄り添った質の高い家事代行サービスを提供している会社。家事スキルを活かした質の高いサービスで社会のために貢献する「ハウスコンシェルジュ」という確固たる信念をもとに、お客様とwin-winの関係性を構築しながら仕事が可能。充実した研修・トレーニングを実施しているので、自己成長したい人や向上心の高い人はもちろん、未経験やブランクがある人でも安心して働ける環境が整っています。