MENU
今どき「家事代行」の仕事BOOK » 家事を仕事にするなら!ベーシック版Q&A » 家事代行に定年はある?

家事代行に定年はある?

家事代行業者に定年がないことや、定年後の人材がスタッフとして活躍しやすい理由、特色などについてまとめました。

家事代行に定年はある?年齢制限はある?

家事代行サービスは、依頼者の自宅の家事をアウトソーシングする際に利用されるものです。家政婦とは違って掃除や料理など、一つ一つの家事をピンポイントで依頼するサービスであるため、家事代行業者に登録するスタッフは家事の経験やスキルさえあれば誰でも仕事をすることが可能。

未経験から働ける職である上に、年齢制限もなく、定年もない職業です。資格も基本的に要らないため、主婦経験のある人や家事を得意とする定年後の人でも気兼ねなく働き始められるのがメリット。「老後の時間を有効に活用したい」と考えている人が輝ける現場でもあります。

家事代行に求められるスキル・向いている人

家事代行サービスを行うスタッフに求められているのは、年齢よりも家事のスキルや経験です。家事代行と言っても依頼される仕事は様々ですから、できれば洗濯や料理、掃除、買い物など…多岐にわたる家事経験のある人が重宝されます。

もちろん苦手な家事がある人や、一つの家事にのみ特化している人でも家事代行で活躍できます。代行サービスには「自分より上手くできる人」が求められているため、「料理だけ」「掃除だけ」など一つだけの家事でも秀でた経験・スキルがあると心強いでしょう。

また、家事代行サービスは利用者からの細かな指示や希望を反映することが求められている職種ですから、ある程度のコミュニケーション能力がある人材も求められています。利用者は自宅を預けることになるため、マナーある振る舞いができることも重要です。

定年世代の家事代行の強み

定年世代になると新しい仕事を探すのも難しいと思われていますが、家事代行サービスではむしろ、定年世代のスタッフに需要が集まっています。

主婦経験・子育て経験を活かせる!

主婦経験や子育ての経験がある定年世代は、忙しい時期を乗り切った経験から利用者のニーズを理解できるでしょう。子育てや家事の経験も若年層より培われているため、利用者にとっては「当たり」と言える人材なのです。

また、子育て経験のある定年世代はベビーシッター的な頼り方もできる存在として重宝されます。小さな子どもがいる家庭からも頼られやすいでしょう。

高齢世帯が安心して依頼できる!

自分で家事をするのが難しい高齢世帯も、家事代行サービスを利用することが増えています。高齢世帯からすれば、自分より遥かに年下の若年スタッフよりも、ある程度年齢が近い定年世帯のスタッフの方が安心して仕事を任せることができます。

定年世帯ともなるとある程度の落ち着きがありますし、人生経験を積んできたことから気配りにも期待できるのが理由です。

Kajier
家事代行業者「カジェール」について
カジェール採用サイトキャプチャ

引用元:カジェール公式HP
https://www.kajier.jp/recruit/

家事スキルを活かして
「ハウスコンシェルジュ」として働く

カジェール(KAJIER)は、東京・大阪・名古屋などを中心にお客様に寄り添った質の高い家事代行サービスを提供している会社。家事スキルを活かした質の高いサービスで社会のために貢献する「ハウスコンシェルジュ」という確固たる信念をもとに、お客様とwin-winの関係性を構築しながら仕事が可能。充実した研修・トレーニングを実施しているので、自己成長したい人や向上心の高い人はもちろん、未経験やブランクがある人でも安心して働ける環境が整っています。