MENU
今どき「家事代行」の仕事BOOK » 「家政婦」改めまして「ハウスコンシェルジュ」 新たな魅力を追求するオシャレ仕事

「家政婦」改めまして「ハウスコンシェルジュ」 新たな魅力を追求するオシャレ仕事

コンシェルジュ(仏語:Concierge)とは、アパートなどの集合住宅の管理人を指す言葉。現在ではホテル・マンション・商業施設などにもコンシェルジュが在籍しており、依頼人や顧客の要望を代行したり、さまざまなサービスを提供するプロフェッショナルという意味でも使われています。

家事代行として仕事をする人は「家政婦」と呼ばれていますが、家政婦は掃除・料理・片づけといった家の中のメンテナンスを行い、住人が快適に過ごせるようさまざまなサービスを提供するプロフェッショナル。つまり家政婦は家まわりのコンシェルジュ、「ハウスコンシェルジュ」なのです。

現代の家政婦はスタイリッシュな制服に身を包み、ワンランク上の洗練されたサービスで利用者のライフスタイルをサポートするオシャレ仕事。生活の多様化や変化からそのニーズはますます高まっており、活躍の場も広がり続けているのです。

ここでは、そんな「家政婦」改め「ハウスコンシェルジュ」の仕事内容についてご紹介しています。

料理代行の仕事とは

料理代行とは、依頼主に代わって料理をするサービスのこと。朝食・昼食・夕食の準備をはじめ、作り置き・下ごしらえ・パーティー料理などを要望に合わせてオーダーメイドで提供します。栄養士・調理師といった資格はとくに必要ありません。もちろん料理のスキルは重要ですが、依頼主や家族の好み・アレルギーなどをしっかりとヒアリングし、ニーズに合わせた調理を行うことが何よりも求められる仕事です。調理のほかに買い物やキッチン掃除、減塩や低糖質メニューに対応している家事代行サービス会社もあります。

掃除代行の仕事とは

家事代行サービス中でもニーズの高い、掃除代行。これは、依頼主の代わりにリビング・居室・キッチン・お風呂・トイレ・玄関・庭などの掃除を行うサービスです。仕事や忙しくて掃除まで手が回らない方、共働き世帯や子育て世帯、高齢世帯、単身赴任の方などに多く利用されています。清掃サービスといっても依頼者宅の掃除用具を使って行う作業のため、専門的な技術や知識は必要なし。未経験の方でも、これまでに続けてきた掃除のスキルを活かして仕事をすることができます。

整理収納代行の仕事とは

家事代行サービスにおける整理収納代行とは、依頼主の要望に合わせて生活空間をスッキリと片づける仕事。部屋の中・クローゼット・タンス・子どものおもちゃ・本・キッチン収納といった、指定された場所にあるものを整理し、使いやすいよう収納するサービスです。整理収納アドバイザーといった資格がなくても仕事はできますが、資格を持っていると依頼が増えたり、指名で依頼が入ることもあります。

Kajier
家事代行業者「カジェール」について
カジェール採用サイトキャプチャ

引用元:カジェール公式HP
https://www.kajier.jp/recruit/

家事スキルを活かして
「ハウスコンシェルジュ」として働く

カジェール(KAJIER)は、東京・大阪・名古屋などを中心にお客様に寄り添った質の高い家事代行サービスを提供している会社。家事スキルを活かした質の高いサービスで社会のために貢献する「ハウスコンシェルジュ」という確固たる信念をもとに、お客様とwin-winの関係性を構築しながら仕事が可能。充実した研修・トレーニングを実施しているので、自己成長したい人や向上心の高い人はもちろん、未経験やブランクがある人でも安心して働ける環境が整っています。