MENU
今どき「家事代行」の仕事BOOK » 「家政婦」改めまして「ハウスコンシェルジュ」 新たな魅力を追求するオシャレ仕事 » 料理代行の仕事

料理代行の仕事

家事代行サービスの中でも、とくに注目が集まっている料理代行。テレビや雑誌などのメディアでも、特集されることが多くなっているサービスです。この料理代行とは、どのような内容の仕事なのでしょうか。一般的な内容とともに、「家政婦さん」ではなく「ハウスコンシェルジュ」をコンセプトに業界に新風をふかせる家事代行業者「カジェール」で働く人の声をまとめています。

料理代行はこんな仕事

料理代行とは、その名の通り「家事代行スタッフが依頼者宅のキッチンで料理を行うサービス」です。仕事や子育てに追われて料理を作る時間が取れない方、料理をするのが難しい高齢者世帯、外食が多い単身世帯などからのニーズが高まっています。

それでは、料理代行という仕事にはどのような内容の作業が含まれているのでしょうか。家事代行サービス会社によって対応している範囲は異なりますが、主なサービス内容は以下の通りです。

買い物代行

「仕事が忙しい」「子どもが小さくて外へ出づらい」「重い荷物を運ぶのが困難」といった方に代わって、買い物を代行するサービスのことです。食材・調味料・日用品などをスーパーなどで購入し、依頼主の自宅まで届けます。

下ごしらえ

食材の下ごしらえをし、仕上げの一歩手前の状態まで整えておくサービスです。野菜や肉などをカットする、軽く火を通しておく、下味をつけておく、ご飯を炊いておくといった作業を行います。

常備菜づくり

まとめて数日~1週間ほどの料理を作り、冷蔵・冷凍保存するサービスです。依頼内容にもよりますが、メイン料理から副菜までバランスよく作ることが大切。子どもの離乳食や、おもてなし料理に対応することもあります。

キッチン掃除

調理器具の片づけや食器洗い、シンクなどの簡単な掃除を行います。一般的な掃除代行サービスよりは軽めの内容となっているため、カビ取りや水垢取りといった作業は含まれないことが多くなっています。

減塩メニュー

家事代行会社にもよりますが、減塩メニューに対応しているところもあります。だしや香辛料などを活用し、できるだけ塩分を控えたメニューを提供します。健康を気遣った食事を心がけたいが、自分で取り組むのは難しい…といった方から人気を集めています。

低糖質メニュー

ダイエットや健康づくりで注目されている低糖質メニュー。このサービスは、血糖値の上がりにくい食材を使ってヘルシーでバランスの良いメニューを提供するものです。低糖質メニューは使用できる食材が限られておりマンネリ化しやすいため、料理代行のニーズは高まっています。

料理代行サービスはどんな人が利用するの?

様々な家事をスタッフが代行してくれる「家事代行サービス」。その中でも料理を代行してくれる「料理代行サービス」は、忙しい人や料理が苦手な人から大きなニーズを集めています。朝食・昼食・夕食のうちどれか一つの食事だけを代行することもあれば、すべての食事を代行することも。

日本でも共働き世帯が増えた他、女性の社会進出も多くなってきたため、

以上のような人が利用者として多く挙げられています。時代が変化するにつれて家事に時間をさける人が減ってきたため、料理代行サービスを求めている人は多いと言えるでしょう。

料理代行サービスに求められるスキル

料理代行サービスのスタッフとして働くにあたり、まず調理スキルは必須です。依頼される内容によって様々な対応が求められます。例えば一人分の食事や、家族三人分の食事、栄養バランスに気を付けた食事やアレルギーに配慮した食事など…。レパートリーを多く持っているとはかどりやすい仕事です。

また、食事の内容だけではなく量や時間について注文を受けることもあります。「3時間以内に4人分の食事を」「4時間で1週間分の食事の作り置きを」などの注文も中には存在するため、手際よく調理するスキルや、時間管理がしっかりできる人が活躍しやすい職業と言えるでしょう。

調理師や栄養士の資格を持っている人は料理代行サービスとして重宝されますが、無理に資格を取得しなくても、未経験で働くことも可能です。最近では代行サービスの中で研修を行ってくれる会社もあるため、「料理は人並みだし」と物おじする必要はありません。

料理代行サービスで働くメリット

料理代行サービスは今ニーズが増加傾向にあるため、安定して仕事に就きやすいという特徴があります。いわば「売り手市場」と言える状況ですから、料理代行サービスの仕事は探しやすいでしょう。ニーズが多いため代行サービス会社に就職すれば、未経験でも研修や教育を受けられる可能性も大。普段家事でしか料理をしないという人でも、何気ない技術を職業に活かせるのがメリットです。

また、人から求められやすいサービスであるため、非常にやりがいが感じられます。人とコミュニケーションを取りながらの仕事ですから、いろんな人とかかわるチャンスも多いでしょう。

家事代行の新しいカタチを
提供する「カジェール」とは

家事代行と聞くと、依頼主の要望をすべて受け入れて働く「家政婦さん」というイメージがあるかもしれません。しかし、お客様とwin-winな関係であり、自分が持っているスキルをシェアする「シェアリングエコノミー」という価値観を持っているのが、カジェールです。
「ハウスコンシェルジュ」と謳っており、自己成長したい人や向上心が高い人に適した環境で、基本的な家事スキル・マナーなどを身につけられる研修が充実しているのが特徴です。

明確な価値観があり、働きやすさが整ったカジェールの料理代行はどのような形なのでしょうか。インタビューの声をお届けします。

評判の家事代行業者
「カジェール」で働くスタッフボイス

Message
やることは基本的に同じになります

お料理代行でやることは、どこのお客様宅でも大きく変わりません。お買い物1時間、お料理2時間、お片づけ1時間(お買い物がないところではお料理2時間お片づけ1時間)です。

女性イラスト1
名古屋スタッフ:Kさん
Message
毎回メニューづくりが新鮮!

お料理がお任せコースなので、毎回メニューをつくっています。レシピ本を見ながらご提案したり、リクエストされたり。コミュニケーションをとりながらやっているので楽しいですよ! 逆に料理のテクニックを教えていただくこともありますね。

女性イラスト2
京都スタッフ:Mさん

「料理代行」に関するカジェールの取り組みとは?

「カジェール」の採用担当を務めるのが、丸山さん。プロフェッショナルを送り出すための体制づくりや働きやすさを追求する丸山さんに、インタビューしてみました。

Message
メニューを考えるのが苦手な方でもご安心ください

お料理代行は一からレシピを考えるか、アラカルトから選んでつくるかの2種類から選択できます。なので料理は好きだけど、メニューを考えるのはちょっと…という方でも問題ありませんよ!
基本的には2時間で6品を創作。お客様によっては、買い出しからお願いされたり、数日分つくるというケースもありますので、臨機応変な対応が求められます。

カジェール
採用担当 丸山

お料理代行は一からレシピを考えるか、アラカルトから選んでつくるかの2種類から選択できます。なので料理は好きだけど、メニューを考えるのはちょっと…という方でも問題ありませんよ!
基本的には2時間で6品を創作。お客様によっては、買い出しからお願いされたり、数日分つくるというケースもありますので、臨機応変な対応が求められます。

Kajier
家事代行業者「カジェール」について
カジェール採用サイトキャプチャ

引用元:カジェール公式HP
https://www.kajier.jp/recruit/

家事スキルを活かして
「ハウスコンシェルジュ」として働く

カジェール(KAJIER)は、東京・大阪・名古屋などを中心にお客様に寄り添った質の高い家事代行サービスを提供している会社。家事スキルを活かした質の高いサービスで社会のために貢献する「ハウスコンシェルジュ」という確固たる信念をもとに、お客様とwin-winの関係性を構築しながら仕事が可能。充実した研修・トレーニングを実施しているので、自己成長したい人や向上心の高い人はもちろん、未経験やブランクがある人でも安心して働ける環境が整っています。