MENU
今どき「家事代行」の仕事BOOK » 「家政婦」改めまして「ハウスコンシェルジュ」 新たな魅力を追求するオシャレ仕事 » 整理収納代行の仕事

整理収納代行の仕事

家事代行サービスのひとつである、整理収納代行とはどのような仕事なのでしょうか?主なサービス内容や、整理収納代行のやりがいといった情報をまとめてみました。

「家政婦さん」ではなく「ハウスコンシェルジュ」をコンセプトに、業界に新風をふかせる家事代行業者「カジェール」で代表を務める富永さんの声もご紹介しています。

整理収納代行はこんな仕事

「物の片づけ方が分からない」「必要なものと不要なものを仕分けられない」「掃除をしてもすぐに散らかってしまう」「仕事や育児が忙しくて片づけまで手が回らない」といった方に人気の整理収納代行サービス。ここでは、家事代行でも注目を集めているこのサービスに含まれている、主な作業内容をご紹介していきます。

物の収納や片づけ

整理収納代行では、リビング・納戸・クローゼット・子供部屋・本棚・キッチン・シンク下など、依頼主が指定した部分の整理収納を行います。作業は、トラブル防止のために依頼主立ち合いのもとで行うのが一般的。場合によっては、整理収納を行った場所の簡易清掃が含まれることもあります。

必要なもの・不要なものの仕分けサポート

依頼主の要望やライフスタイルに合わせて、必要なもの・不要なものを仕分けていくサービスです。必要なものについては、片づけやすい・使いやすい整理方法を考慮しつつスッキリと収納。不要なものはゴミとしてまとめ、捨てやすいようしっかりと分別します。

スポット利用での片づけサービス

スポット利用とは、定期利用ではなく1回だけの単発利用を指します。スポットの場合「来客があるためすぐに部屋を片づけたい」といった急ぎの利用が多いため、部屋の散らかり具合や作業時間にもよりますが、時間内でできるだけの要望にこたえることが必要となります。

収納についてのアドバイス

片づけや収納を苦手としている依頼主に向けて、整理収納のアドバイス行うサービスです。具体的には片づけのルール作成、収納アイテムの上手な使い方、衣類の畳み方、捨て方のコツなどです。整理収納アドバイザーをはじめとする資格を持っていると有利ですが、片づけ上手なベテラン主婦・アイデア主婦でも十分に力を発揮できます。

整理収納代行サービスはどんな人が利用するの?

整理収納代行サービスは、「片づけが苦手な人」や「物が散らかりやすい人」などが多く利用するサービスです。もしくはデッドスペースを利用し、物をうまく収納して部屋のスペースを確保したい人も利用するでしょう。綺麗に生活するための知恵やアドバイスを求めて整理収納代行サービスを頼る人も中にはいます。

大まかな業務の流れは、利用者の希望している整理収納イメージをヒアリングし、収納する物の量を確認。要・不要で仕分けをした後、適切な箇所に収納します。

パッと見たときの印象や、収納する場所の手の届きやすさ、物の分類ごとに分けた収納など…利用者それぞれで希望は様々です。こうしたニュアンスの違いや、実生活で快適に過ごせることを考えた上での整理・収納を利用者は求めています。

整理収納代行サービスに求められるスキル

整理収納代行サービスに求められるのは、効率的で合理的な整理・収納が行えるスキルです。無駄なくスペースを活用したり、すでにある収納グッズをうまく利用したりといった機転が利く人こそが整理収納代行サービスで活躍できるでしょう。

また、利用者の要望や希望をヒアリングし、それを丁寧に汲み取るスキルも欠かせません。収納する物の要・不要を判断する他、小さな子どものいる家庭や体の不自由な方のいる家庭など…臨機応変に収納方法を考える必要も。場合によっては整理整頓方法についてアドバイスを求められることもあるため、コミュニケーションスキルと合わせて整理収納の資格もあると心強いでしょう。

「整理収納アドバイザー」の資格はハウスキーピング協会の講義を受講することで取得可能。1級から3級までありますが、できれば1級の資格を取得しておくと、自信を持って整理収納代行サービスを名乗ることができます。

整理収納代行サービスで働くメリット

整理収納代行サービスでは、日ごろから家事をして培ってきたスキルをフルに活用することができます。代行サービスの利用時間は2時間程度と設定されることが多いため、短時間勤務でライフスタイルにも合わせやすいでしょう。

能力や実績が認められれば昇給も期待できる他、子連れ可の求人募集が出ていることも。子育てや介護をするスタッフも多いため、同じ悩みを共有できるスタッフと知り合うこともできます。

何より、整理収納代行サービスを含め家事代行サービスは人から求められて行う仕事です。自分のスキルが誰かの役に立っていることの実感が大きく感じられます。

家事代行の新しいカタチを
提供する「カジェール」とは

家事代行と聞くと、依頼主の要望をすべて受け入れて働く「家政婦さん」というイメージがあるかもしれません。しかし、お客様とwin-winな関係であり、自分が持っているスキルをシェアする「シェアリングエコノミー」という価値観を持っているのが、カジェールです。
「ハウスコンシェルジュ」と謳っており、自己成長したい人や向上心が高い人に適した環境で、基本的な家事スキル・マナーなどを身につけられる研修が充実しているのが特徴です。

「整理収納代行」に関するカジェールの取り組みとは?

「カジェール」の採用担当を務めるのが、丸山さん。プロフェッショナルを送り出すための体制づくりや働きやすさを追求する丸山さんに、インタビューしてみました。

Message
お掃除から整理収納に興味を持って始める方も多い

お掃除代行からスタートし、整理収納にも興味を持って学び始める方が多くいらっしゃいます。ひとつの指標となるのが、整理収納アドバイザー2級。弊社でも資格取得を推奨しており、お掃除に関する座談会を開いたり、整理収納の研修プログラム(計5回)をつくるなど、サポート体制を整えています。

カジェール
採用担当 丸山

お掃除代行からスタートし、整理収納にも興味を持って学び始める方が多くいらっしゃいます。ひとつの指標となるのが、整理収納アドバイザー2級。弊社でも資格取得を推奨しており、お掃除に関する座談会を開いたり、整理収納の研修プログラム(計5回)をつくるなど、サポート体制を整えています。

Kajier
家事代行業者「カジェール」について
カジェール採用サイトキャプチャ

引用元:カジェール公式HP
https://www.kajier.jp/recruit/

家事スキルを活かして
「ハウスコンシェルジュ」として働く

カジェール(KAJIER)は、東京・大阪・名古屋などを中心にお客様に寄り添った質の高い家事代行サービスを提供している会社。家事スキルを活かした質の高いサービスで社会のために貢献する「ハウスコンシェルジュ」という確固たる信念をもとに、お客様とwin-winの関係性を構築しながら仕事が可能。充実した研修・トレーニングを実施しているので、自己成長したい人や向上心の高い人はもちろん、未経験やブランクがある人でも安心して働ける環境が整っています。